キイロスズメバチを駆除して安心生活【キラービー対策日記】

ハチの生態を知る

女性作業者

住宅の天井裏や床下など閉鎖的な空間を好むキイロスズメバチは、これらの場所に巣を作ってしまうことがあります。しかし、これは初期の段階のみで、数が多くなってくると広い軒下や樹の枝に巣を作ることになります。そのため、どんな場所に巣があるかで、キイロスズメバチがどれくらい生息しているかをある程度把握しておけます。また、橋の下や看板の裏に巣を作ることもあるので、出歩く時には注意するようにしましょう。また、キイロスズメバチは食欲旺盛で、色々な昆虫を餌にするので虫がたくさんいる場所を好む傾向にあります。他にも、死んだ魚やカエルなども餌にすることがあるので、自宅付近にこのような場所があるなら注意する必要があります。

全国各地に生息が確認されているキイロスズメバチは、専門業者に駆除を依頼するのが一番良い方法となりますが、市町村から専門の道具を借り入れて退治することが可能です。防護服やハチの巣を取る棒などを貸し出してくれるので、自分で取りたいと考える方は利用してみると良いでしょう。また、市町村の環境対策課では駆除業者の紹介もしてくれるので、優良な業者を見つけたいと言う方も利用してみると良いです。このように、ハチの駆除を助けてくれる場所はいくつかあるので、インターネットを用いて調べてみると良いでしょう。ネットを使えば自宅で簡単に情報を手に入れることが出来ますし、そのまま業者に駆除を予約することも可能なので上手く活用しましょう。