キイロスズメバチを駆除して安心生活【キラービー対策日記】

長い活動期間

はち

ハチの中でも危険とされているキイロスズメバチは、体調が1.7~2.4センチと身体が他のハチに比べて大きく、見ているだけで危険度が伝わって来ます。また、普通のハチとは違い、オレンジ掛かった色合いとなっています。そんなキイロスズメバチは3月の終わり頃から活発に動き出し、11月当たりまで活動を続けることになります。11月には嬢王蜂が羽化し、新たな働き蜂を生み出すために冬眠期間に入ります。このように、キイロスズメバチは長い期間行動をするハチとなっているので、自宅付近に巣を作られてしまうと安心して日常生活を送ることが出来ません。そのため、専門業者に依頼してキイロスズメバチを駆除するようにしましょう。専門業者はキイロスズメバチの生態をしっかりと把握しているので、効率よく巣を取り除いてくれます。

キイロスズメバチを自分で駆除しようと考える方がいますが、それは危険なので止める必要があります。なぜなら、キイロスズメバチは毒を持っているからです。このハチの毒は非常に危険で、刺されただけで肌が赤く腫れ上がってしまいます。特に、恐ろしいのが二度目に刺されてしまうとアナフィラキシーショックを引き起こしてしまうことです。アナフィラキシーショックが起こると、突然身体が痙攣しだして呼吸が止まってしまいます。最悪の場合には死に至ることもあるので、自分では駆除しようとせず、専門業者に依頼するのが一番良い方法となります。業者は連絡すればスピーディーに駆けつけてくれるので、駆除が遅れてしまう心配はありません。

正しい対処を学ぶ

インテリア

キイロスズメバチに遭遇してしまったら慌てずにゆっくりと下がることが大切です。また、ハチを刺激しないように対処する必要がありますが、専門業者に駆除してもらえば、このような心配は無くなります。

More Detail

ハチの生態を知る

女性作業者

キイロスズメバチは数によって巣を作る場所が変わってきます。また、雑食となっているので生き物が生息している場所に巣を作ることが多くなっているので、このような場所に自宅がある方は気をつけましょう。

More Detail

特製の液で女王蜂撃退

笑顔の男性スタッフ

都会でも目にするようになったキイロスズメバチは、ペットボトルに特製の液を作ることで撃退できます。しかし、あまりにも数が多いと駆除が難しくなるので、専門業者の手を借りるのも手段の1つです。

More Detail